タイで長期滞在するためのビザをマレーシア観光しながら取得する方法

サワディーカップ♪♪
今回は、チェンマイからマレーシアでタイビザを取得する方法をお伝えします。

 

マレーシアでタイビザを取得する方法

 

今回は当ゲストハウスから一番近いツアー窓口である
「ランベルツアー・フアイケーオ店」さんにて
タイ(チェンマイ)⇔マレーシア(クアラルンプール)間の航空チケットを手配しました
往復チケットが、1人5000バーツ(約15000円)
※2014年3月時点


時期によっては、もっと航空券が安くなるんです、この価格で海外に行けるなんて
日本では考えられないですね!

話は、戻りますが今回のビザ取得の詳細を書き綴ります。

 

ビザ取得の詳細

 

 

☆詳細
・ビザ申請時間 AM9:30~AM11:30 
・ビザ受取時間14:30~17:00
・土日休み(タイ、マレーシアの休日も含む)
・ビザ受け取り、申請後翌日

 

準備するもの
・パスポート
・写真1枚(証明写真)
・お金
・ボールペン


☆ビザ申請費用
就労ビザ220RM(3ヶ月)
観光ビザ110RM(3ヶ月)


☆今回申請したビザは、就労ビザです。

番号札を配られ順番が回って来たら、
記入した申請書類と写真、パスポートを提出します
お金は、申請時に支払い引換証を貰います。

手続きは迅速ですが、翌日の受け取り時は、かなり混雑するので
早めに並び、さくっとGETしましょう。

 

 

行き方

それでは、タイ大使館の場所を説明します。
今回は、電車を利用しました。

私が宿泊していたのは、チャイナタウンのホテルでしたので
最寄り駅のマスジャメック(Masjid Jamek)駅から出発しました。
こちらマスジャメック(Masjid Jamek)駅の写真です。

マスジャメック(Masjid Jamek)駅

マスジャメック(Masjid Jamek)駅2マスジャメック(Masjid Jamek)駅3

 

 

とりあえずアンパンパーク(AMPANG PARK)駅まで向かいます。


行き先を自動販売機でタッチし、チップを購入します
英字で記載されているのでとても分かりやすいです。
その辺は、日本と変わらないですね~



自販機の操作メモ
大まかな地図で大体の行き先地区をタッチします。
詳細な運賃込みの地図になり、行き先をタッチして、 OKを押して入金。
紙幣は1Rのみ、他はコイン(10,20,30)入金。

 

自販機の操作メモ自販機の操作メモ3

 

自販機の操作メモ4

 

 

 

駅から降りたら、ペトロナス・ツイン・タワーと逆の方向に歩いていきます

自販機の操作メモ6自販機の操作メモ7

 

途中KFCを通り過ぎ、フランス大使館を過ぎて行くと
左手にタイ大使館が見えてきます。
(なにもない退屈な道ですが頑張って歩きましょう(´・ω・`))


 


皆並んでいるこの入り口を通って、中に入ります

中は超満員!!(;_;)

 

タイ大使館2

タイ大使館1タイ大使館3

 

その日は、申請だけ、支払いを済ませて翌日出向きます。
そのような感じで無事VISAを取得できました!!

タイ大使館4

 

 

マレーシアに行く人のための豆知識
【通貨】
RM(通称リンギット)
RM1=約26円

 

【電圧】
電圧は、220V。周波数は、50Hz
プラグは3本ピンのタイプ、日本の電化製品を使用する場合は、変圧器と変換プラグが必要です
変換プラグは、地元の大きいスーパーで購入できます

 
マレーシアプラグ
 
 
【時差】
日本時間より1時間遅い

 

【気候】
1年を通して高温多湿、平均気温、降水量もほとんど変化なし
11月~5月の間は乾季なので過ごしやすい

 

【入国】
観光で、滞在が3ヶ月以内であればビザは不要
旅券の残存期間が6ヶ月以内以上残っていることが条件

 

【食事】
一番オススメのご飯は、肉骨茶(パクテー)
骨付き豚肉、干しシイタケなどを漢方薬で煮込んだスープ
そのスープをご飯にかけて食べると最高に美味です

 
肉骨茶(パクテー)
 
 
 
~THE END~
首都クアラルンプールにそびえ立つツインタワー
↓↓↓
首都クアラルンプールにそびえ立つツインタワー
 
 
ご存知の方も多いと思いますが、
タイはビザが無くても、飛行機でも陸路でも入国した場合30日間滞在することができます
それ以上タイに滞在したい方は、ビザの取得を行なってくださいネ

当ゲストハウスでは長期滞在向けに7泊以上から宿泊費を割引しています
1ヶ月の滞在ですと、更にお得です。

 

そしてそして、3泊以上お泊りの場合、4泊目が無料になる裏ワザを現在公開中です!
延泊無料の裏ワザはこちらで要check!

地元のタイ人スタッフを含め、常駐の日本人スタッフが、
ゲストの皆さまにとって居心地の良い場所となるよう精一杯頑張っていますp(^^)q
ぜひ当ゲストハウス情報もご覧になってみてください