タイのビザをラオスで申請取得する方法。チェンマイ⇔ラオス弾丸ツアー!

 

サワディーカー(^人^)
今日は、タイのビザを取得をしにラオスへ行った様子をお伝えしたいと思います

 

パスポート

今回は当ゲストハウスから一番近いツアー窓口である
ランベルツアー・フアイケーオ店」さんにて
タイ(チェンマイ)⇔ラオス(ビエンチャン)間を走っているミニバスを手配しました

タイ(チェンマイ)⇔ラオス(ビエンチャン)の往復チケットが、1人1,650バーツ(約4,000円)
※2012年1月時点での値段で現在はほんの少しだけ値上がりしているようです

片道約2,000円で外国へ行けちゃうなんて、日本では考えられません!
陸続きってスゴイ!と実感。
あ、でも今はもう飛行機も徐々に安くなっていますよね♪


話は戻りまして。。。
チェンマイ出発の当日は夜の19時にゲストハウスまでバスが迎えに来てくれます
ちなみに写真はありませんが、迎えに来たのが普通の相乗りタクシーでビックリ!
「これで行くのか…」(´д`||i)とビビッていたら
このミニバスを運行している会社のオフィスへ立ち寄ります



こちらがその会社 aya service チェンマイ駅のそばにあります

 

aya service

 

ここでパスポートを提示して簡単な手続きを済ませ、別の車へ乗り換えることに


こちらがそのミニバス

ミニバス

 

運転席を含め3席✕5列、5列目の一番後部の座席には山盛りのバックパック
天井が高く、以外と圧迫感がなく快適かも

しかしっ!( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)
ドライバーさんの運転はものすごく激しかったです
もちろん安全第一で運転してくださっているとは思いますが、
心臓の弱い方は決して前を見ないですぐに眠ってください(笑)

チェンマイからラオス行きは、結構混んでいることが多いようで
満員の場合はちと辛いかもしれません

長旅の途中に立ち寄る、セブンイレブン
セブンイレブンはワールドワイドですネ( ゚∀゚)

 

タイのセブンイレブン

 

ちなみにトイレは、手桶で流すタイプでしたが
一応綺麗にお掃除されている様子でした


セブンイレブンで買ったヤクルト風の飲み物

 

ヤクルト風の飲み物

 

「カセイ」というらしい(^◇^ 



2回ほどセブンイレブンに寄って
明け方、やっとラオスとの国境付近 タイ(ノーン・カーイ)のaya serviceオフィスに到着

 

タイ(ノーン・カーイ)のaya serviceオフィス

 

 

確か午前5時か6時頃。あたりはまだ薄暗い感じです

 

午前5時か6時頃

 

ここノーン・カーイのaya serviceで朝ごはん
サンドウィッチとコーヒーのサービスがありました
皆さん眠そうですが、食いしん坊の私は完食(笑)

 

aya serviceで朝ごはん

 

(この時は数台のバスがいっせいに到着したため混雑していました)


ここで再度パスポートやらのチェックを行います
そして、こちらのワゴンに乗り換えます

 

ワゴン

 

 

国境までは車でほんの数十秒・・・
国境ってこんな感じなんですね(・ε・)ノ

 

国境

 

 

ここでaya serviceの方が誘導してくれる受付にならびタイからの出国手続きを済ました

そしてまた車に乗り橋を渡ること数分
今度はラオス側で入国手続き

 

ラオス側で入国手続き

 

 

あれよあれよとしているうちに、無事ラオスへ入国
ラオス側でもスタッフの方が待っていてくれて
念のため「タイ、ビザ」などと伝えつつ、言われるがままトラックに乗り込み
気づいたらラオス(ビエンチャン)のタイ領事館前まで連れていってくれました
朝の8時ごろですが、既に人が並んでいますΣ(゚Д゚;

 

ラオス(ビエンチャン)のタイ領事館

 

ラオスのビエンチャンには、タイのembassy(大使館)とconsulate(領事館)がありますが
ビザの発給はconsulate(領事館)ですのでお間違い無く。


確か…午前8:30からビザの申請が始まります
申請は午前中のみですので皆さまご注意を。


敷地に入ってまっすぐ、そして右手に申請の受付があります
早い時間帯は係の方が立って番号札を配っていますので、忘れずにもらってください
時間帯によっては発券機から自分で取ります

発券機

 

 

ビザの申請用紙が置いてありますので記入します
見本が貼ってありますのでご心配なく

ビザの申請用紙

 

なぜか見本は日本人仕様でした
詳しい申請書の書き方は他にもサイトに掲載されているようですので
こちらでは割愛させていただきます


申請書の他にパスポートのコピーと顔写真が必要です
領事館2階でもコピーができます
係の方も居るし、ちゃんとcopyとわかるようになっていました(バーツの使用も可)
また、写真を用意していない場合は、領事館の前で写真を撮ったり
コピーをしてくれる方たちがたくさんいますのでご心配なく(もちろん有料ですが)


こちらがビザ申請受付窓口の様子.

 

ビザ申請受付窓口

 

近くの大きな台に写真を貼るための、はさみやらノリが置いてありました

順番がきて申請を済ませたら、今度は隣の建物に入ります
こちらでも順番が来るまで待ち、今度は申請費用を払います

申請費用は、(2012年1月時点)
観光ビザシングル 1,000バーツ
観光ビザダブル 2,000バーツ
ビジネスビザ 2,000バーツ

無事に領収証をもらったら申請はこれで終了L(@^▽^@)」 ワーイ
翌日の午後13から15時までの間にビザを取りに行きます
※この間はタイ領事館にパスポートを預けたままとなります

そして翌日…
またまた整理券をもらう場合もあれば、
そのまま申請費用を支払った建物内へずらずらと並ぶ場合もあるそうです



そんなこんなで前日に申請費用を支払った際にもらった領収証を見せ
無事にビザの貼られたパスポートをゲット!!(ノ*´∀`)ノ

ビザの貼られたパスポートをゲット

※写真はビザ使用後のため書き込みが入っています


ここからトンボ返りでチェンマイへ帰りますε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
タイ領事館の外では国境までの送迎の運転手さんが大勢待っているので
そのひとりの方と話して、ラオスの国境まで乗せてもらうことに。




この時は1人100バーツ(約250円)くらい
値段は交渉によって変わります

国境までの送迎

 

ちなみに、ラオスではお釣りはラオスの通貨 kip(キップ)となりますが
タイバーツが殆どの場所で使えます
(但し、kipで払うより若干割高になっていると思います)





ラオス側の国境付近には、おみやげ屋さんがズラリ

 

ラオス側の国境付近

 

 

名物のフランスパンサンドウィッチも売っています\(*^▽^*)/

フランスパンサンドウィッチ

 

1つ30バーツくらい(約80円)


そして、無事ラオスの出国を済ませ、ラオスとタイに掛かる橋を渡ります
※この橋、歩いては渡れないそうです


バスが出ていますのでこちらに乗りました

バス

 

(値段忘れてしまいました、すみません)


そしてタイへの入国手続きを済ませ、無事タイへ戻ることができます
行きに寄ったaya serviceまで徒歩数分
タクシーなどもたくさん呼び込みをしていますが、歩いてすぐでした
途中にまたセブンイレブンがあります
(場所は…ミニバスの申込時に簡単な地図をもらうことができますのでご安心ください)

そしてそれからまたミニバスに揺られで十数時間、無事にゲストハウスへ戻って参りました
気づいた方もいるかもしれませんが、
これは本当に弾丸ツアーといっても過言ではありません(笑)






今回のビザ取得ツアー日程のおさらい


1日目 夜・・・チェンマイを出発 (車中泊)
2日目 朝・・・ラオス入国後タイ領事館にてビザの申請 (宿泊)
3日目 午後・ラオス タイ領事館にてビザの取得
……… 夜・・・ラオスとの国境 タイ ノーンカーイを出発(車中泊)
4日目 早朝・チェンマイ到着

1泊4日のチェンマイからラオス ビザ取得弾丸ツアーでした。

~THE END~

タイとラオスの国境 ビエンチャンから見るメコン川

 

ビエンチャンから見るメコン川

 

ご存知の方も多いと思いますが、
タイはビザが無くても、飛行機で入国した場合30日間滞在することができます
陸路の場合でも30日間です
それ以上タイに滞在したい方は、ビザの取得を行なってくださいネ


当ゲストハウスは長期滞在向けに7泊以上から宿泊費を割引しています
1ヶ月の滞在ですと、なんと通常の料金の40%オフ!!です


そしてそして、3泊以上お泊りの場合、4泊目が無料になる裏ワザを現在公開中です!
延泊無料の裏ワザはこちらで要check!

地元のタイ人スタッフを含め、常駐の日本人スタッフが、
ゲストの皆さまにとって居心地の良い場所となるよう精一杯頑張っていますp(^^)q
ぜひ当ゲストハウス情報もご覧になってみてください

 

当ゲストハウス情報

 

ではでは皆さままた(o・・o)/~